スマートフォン版に切り替える

企業でSMSを使うなら法人向けSMS配信サービスの利用が便利

企業でのSMS活用

目にすることが増えてきたSMS(ショートメッセージ)

SMS(ショートメッセージ)は携帯電話番号宛にメッセージを送信できるサービスです。
最近では企業から顧客への連絡、本人認証への活用など、企業でのSMS利用が活性化しており、目にする機会が増えています。
SMSでお知らせが届いたことがある方も多いのではないでしょうか。
企業でのSMS配信の状況やメリット、利用方法についてご紹介します。

成長するSMSの市場

便利なSMSですが、日本ではなかなか普及が進みませんでした。理由としては通信会社ごとに仕様が異なり、同一キャリア間でしかSMSが送信できなかったからです。
しかし、2011年7月から異なるキャリア間でのSMSの送信が可能になりました。

法人から個人にSMSを送る「A2P-SMS」と呼ばれる市場も拡大を続けています。
ミック経済研究所の調査によると2020年までの年平均成長率(CAGR)40%以上との予測を発表しています。
参照:日本経済新聞 ミック経済研究所、2022年度まで年平均成長率(CAGR)40%以上のA2P-SMS市場調査結果を発表

SMSを大勢に送りたい場合

個人でSMSを送信するにはガラケー、スマートフォンから送信することができますが、1日の送信数が200通までと制限がされています。
更に宛先、本文入力を1件ずつしなければいけないため時間がかかり現実的ではありません。

SMS送信サービスであれば送信数の制限はありません。そのため会員等に大量に送信する必要がある場合はSMSサービスの導入が不可欠となります。

企業で利用するなら法人向けSMS送信サービスを導入

企業でSMS連絡をしたい場合は、SMS送信サービスの利用が便利です。
下記のようなメリットがあります。
※全てのSMS送信サービスが下記の機能を使えるとは限りませんので、申し込みの際は確認をしてください。送信サービス会社ごとに提供している内容が異なりますので、どのサービスが自社のニーズを満たすものなのかしっかりと見極めてから導入することをお勧めします。

◆1日の送信数の上限がない

SMS送信サービスは1日の送信数の上限がありません。

◆パソコンから複数人に一斉送信できる

1通ずつ送信できる機能はもちろん、CSVファイルに送信先の電話番号、本文を入れて一斉に送信する機能もあります。

◆送信先ごとに本文に情報を差し込んで送信できる

送信先ごとに本文の一部を変えて、複数人に一斉送信できる機能があり、SMS本文内に会員名や店舗名などを入れて送信できます。

◆指定した時間に配信できる

会社が休みの日に送信したい場合や、定期的に送るものなどは予め送信登録しておくことで、送信忘れ防止にもなります。

◆自社で利用しているシステムにSMS送信機能を組み込める

api機能の提供をしているサービスであれば自社で利用しているシステム(アプリ、コールセンターのシステム等)にSMS送信機能を組み込んで利用することもできます。

◆送信元の番号を店舗などの番号にできる

SMSの送信元の番号は契約するSMSサービスごとに異なりますが、同じサービスを利用している企業同士がすべて同じ表示名になっていることがあります。
例えばSMS送信サービスAを契約しているk社、j社、h社が送信したSMSが同じ送信元で表示され、メッセージが混在してしまう可能性があるのです。
送信元を任意の番号(会社や店舗)の番号に変更できるサービスであれば、自社のメッセージのみが表示され、他社と混同されてしまう心配がなくなります。

SMS配信サービス「fonfunSMS」は上記全ての機能がご利用いただけます。
fonfunSMS機能についてはこちらをご覧ください。

SMSが人気を集めている理由

なぜSMSでの連絡を企業が続々採用しているのでしょうか?

◆電話番号がわかればほぼ届く

SMSの特長として携帯電話番号宛に送信できることがあげられます。
ガラケーやスマホに関わらず端末にSMSは標準搭載されており、携帯電話を持っている人であればメッセージを届けることができます。

更に、会員情報や連絡先として携帯電話番号を取得しているケースは多く、顧客側も連絡先として家の番号ではなく携帯電話番号を記載する人も多くいます。
今、手元にあるお客様情報で送信できるということも利点となります。

◆開封率が高い

メールマガジンの平均開封率は10%台と言われている中、SMSの開封率は非常に高く着眼率(受信者が目にする率)は9割とも言われています。

◆送信コストが安い

郵便や電話と比べると送信コストを抑えることができます。

SMSサービスが注目される理由「SMSサービスが注目される理由」をこちらのページで更に詳しく説明しています。

SMS連絡の企業での活用方法

SMSの利用用途は様々、不動産、医療、飲食業、観光業、教育、小売、コンサル、人材など業界を問わず導入されています。
利用方法の一部をご紹介します。

◆本人認証に

SMSは携帯電話番号宛にメッセージを送信するため、確実に本人に送信できます。
送信先となる携帯電話番号は契約した端末に基本的に1つしかないものです。メールアドレスのように不正に複数のアカウントを作成して認証に使われるなどの心配がなく、安全な認証方法として近年SMSによる本人認証を導入する企業が増えています。

◆プロモーション

会員へのセールやキャンペーンなどのお知らせに活用できます。
SMSは送りたいタイミングで送ることができるので事前告知、中間案内、終了前日案内など複数回の案内を送ることで集客効果を高めることができます。
また、一度来店してからしばらく来店されていない方への追客など休眠顧客の掘り起こしとしても有効です。

◆督促、支払日のご案内

家賃、月謝などの入金が遅れている場合の入金確認の連絡や、入金日の事前案内等にも活用できます。
電話ではなかなか出てもらえないことが多く、何度も電話をかけたり封書を送ったりと手間とコストがかかる作業になってしまいがちです。
SMSであれば到達率、開封率も高いため、1度の連絡でお客様に確認してもらうことができます。

◆予約の確認、リマインド

飲食店、美容院、病院、宿泊施設などで問題となっている予約忘れによるドタキャン(No show)問題。
防止対策として予約の確認の連絡を入れるのが効果的と言われています。SMSなら連絡先として聞き取っている携帯電話番号宛にメッセージを送ることができます。
予約確定後にキャンセルは期日と連絡先を送信、前日には再度予約内容を送ることでキャンセル防止につなげることができます。

◆従業員への緊急連絡

SMSは回線交換(音声通話の回線)のネットワークを利用しており、災害などに強い通信回線と言われています。
災害が起こった際の安否確認や情報共有にも利用できると注目を集めています。

◆更新や定期的な検診などの案内に

保険、賃貸などの契約更新など期限が迫っても返信のないお客様への連絡、病院の定期健診、車検など定期的なご案内が必要な連絡にもSMSを活用できます。
SMSサービスの中には予約配信機能が利用できるサービスもあるため、あらかじめ更新時期に送信をセットしておくことも可能です。送り忘れや連絡漏れ防止にもなります。

◆中途採用や新卒採用に

日中は仕事中などでなかなか電話に出ることができない場合や、知らない番号として電話を取らないケースもあります。
留守電に残す方法もありますが、留守電の設定をされていない方も多く何度も連絡をしているという話も聞きます。
SMSであれば文字として残るので、相手の都合のつく時間に確認でき、伝えたい情報をしっかりと伝えることができます。 面接の日程、説明会のリマインドなど求職者とのコミュニケーションが取りやすくなります。

◆WEBサイトへのアクセス誘導に

SMS送信サービスには指定の電話番号に電話をかけると、折り返しでURLが記載されたSMSを送信するサービスがあります。
手順は電話をかけるだけ。
簡単な操作でURLが端末に届くので、携帯の操作が苦手な方や年配の方もサイトに誘導することができます。
媒体に掲載するのは「電話番号」だけ。チラシ、看板、新聞、雑誌、交通広告、ラジオ、テレビなど様々な媒体で活用できます。

企業がSMSサービスを使うことのメリット等をご紹介しましました。

・お客様に確実に連絡を取りたい!
・チラシやメールマガジンでは効果が薄くなっており集客できる別の方法を探している!
・電話連絡をしても出てもらえない!
・封書にも反応がない!

などの課題をSMSで解決できるかもしれません。

SMSのビジネス利用に少しでも興味を持っていいただけましたら、下記までお気軽にご相談ください。
お客様に合わせた活用方法等、業種別の利用例等を電話、メール、WEB会議にてご説明させていただきます。

電話:03-6300-0157 【受付】平日10:00~18:00(年末年始を除く)

さまざまな業界でSMS連絡が効果を発揮しています!

「fonfunSMS」は営業支援・お客様への連絡ツールとして
800社以上の企業様に採用いただきました。

まずは体験を!無料お試し体験サービス

興味があるけどいきなり契約するのは不安・・・。
そんな方は実際にお試しください。

  • 「fonfunSMS」ってどんなサービス?
  • パソコンからどうやってSMSを送るの?
  • SMSってどんな感じで届くの?
簡単な情報を入力後 すぐにお試し
できます!!

実際にSMSサービスを無料で体験いただけます。
SMSのメリットを感じてください♪